ホーム > 生活排水処理施設整備計画(アクションプラン)について

生活排水処理施設整備計画(アクションプラン)について

担当 : 総務課 / 掲載日 : 2017/03/31

生活排水処理施設整備計画(アクションプラン)とは

 生活排水処理施設の早期概成を目指し、今後10年程度の各施設(合併浄化槽など)の整備計画を定めたものです。
 平成26年1月、国土交通省、農林水産省、環境省の3省が連携して「持続的な汚水処理システム構築に向けた都道府県構想策定マニュアル」が作成されました。ここでは、未整備地区における生活排水処理の早期概成を目指し、その実現のためにアクションプランを策定することとされています。

大川村のアクションプラン

目標年次 平成39年度
目標 汚水処理普及率78.6パーセント
整備手法 合併処理浄化槽

 


PDF

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


担当課
担当課へのお問い合わせ
総務課
Tel:0887-84-2211

  • このページのトップへ
  • 1つ前のページへ戻る